レイズドベッドを使用して家庭菜園を楽しむ「カタミチ」さんへインタビューを行いました!

レイズドベッドとの出会いとは?レイズドベッドを知ったキッカケや、レイズドベッドを使用していて良かった点をお聞きしました。

「カタミチ」さんはレイズドベッドを使用し始めて2年になるそうです。

ブログで園芸やDIYなど様々なジャンルの情報を発信しているのであわせてチェックしてみてください。

ドリリウム:https://diy-kagu.hatenablog.com

素敵な写真もあわせてご覧ください。

レイズドベッドをどのように知りましたか?

オーストラリアのYouTubeチャンネル「Self Sufficient Me」を見てレイズドベッドという手法を知りました。

海外では高レベルでセンスの良いDIY関連の動画投稿が盛んで、そうした動画を見ていた時おすすめに表示されてクリックしたのがキッカケです。

野菜を育てることには興味があったのですが、折角の庭を畑のようにしてしまうとあまりに殺風景だし、プランターを並べると安っぽくてごちゃごちゃしている印象があって敬遠していました。

Self Sufficient Me」ではレイズドベッドを使って、いろいろな作物を無造作に育てている感じがすごく印象的で、憧れました。普通の畑なら1列の畝を作って育てるところを、レイズドベッド内に無造作に野菜を植え付けて育てていくのです。それに加えて、藁のマルチングを積極的に使用しているのもすごく雰囲気が良いなと感じました。

最近では金属のレイズドベッドが増えていますが、私が見始めた当初は手作りの木のレイズドベッドもたくさん使っていました。

藁マルチングと木のレイズドベッドの組み合わせが素敵

レイズドベッドを始めたきっかけ

Self Sufficient Me」やその他のYouTube動画やWebサイトで情報収集は続けていたものの、なかなかレイズドベッドを始める決心がつきませんでした。

小さなレイズドベッドを作ってもいいですが、それだとプランターと大差ないし、後々大きなレイズドベッドを作った時に不要になってしまいます。とはいえ、いきなり大きなレイズドベッドを作って庭の雰囲気を崩すようだと嫌です。

我が家の庭は狭いので、レイズドベッドを置くとレイズドベッドが庭の中心になってしまいます。

庭全体のコーディネイトを考えて、最終的に決心がついたのが2年ほど前です。

庭の真ん中に大きなレイズドベッドを2つ並べて、その周りは通路的な感じでグランドカバーを植えることにしました。

レイズドベッドではいろいろな作物を順調に収穫できていますが、グランドカバーの方は調子がいまいちで、まだまだ地面を覆いきれてはいません。

グランドカバーが地面を覆い尽くしたらもっと素敵になりそう

どんなレイズドベッドを使用していますか?

木で自作したレイズドベッドを使用しています。

2m×1mくらいのサイズで、高さは35cmほどです。安価なツーバイフォーを使って製作しました。

防腐剤かペンキかで悩んだのですが、木目が見える防腐剤を選びました。ペンキより耐久性は低いかもしれませんが、見た目が良くて植物や地面とのマッチングも良く満足しています。

欲を言えばもう少し高さがあった方が良かったかなと思います。

ただ、背の高くなる野菜の世話をすることを考えるとこれ以上高いと不便になりそうです。

片方は50cmくらい、もう片方は30cmくらいと高さを変えても良かったかもしれないと思っています。

レイズドベッドを使い始めて良かったこと

一番の良いところはとにかく見た目が良いことです。

近所では庭を畑のようにして野菜を育てられている方も居られるのですが、そうするとやっぱり実用本位で殺風景な感じがしてしまいます。硬くなった地面を耕していく作業も必要になりますが、レイズドベッドだとその作業が不要なのも嬉しいです。

我が家の庭には、割と浅い所を電気の配線なんかが通っているので、派手に耕すことができないんです。

地植えで野菜を育てたことがほとんどないので差はわかりませんが、プランターに比べるとずっとうまくいくようになりました。

やっぱり土の量が豊富で、水やりをしばらくしなくても少し掘り返せば土が湿っているんです。これは普通のプランターでは考えられないくらいの保水性だと思います。

我が家のレイズドベッドは高さ35cmくらいですが、これだと苗の株本あたりから手入れをしやすいのが嬉しいです。株本は目が届きにくくて世話が疎かになりがちですが、その心配もありません。地面にヒザをつく必要もないし、レイズドベッドのふちに腰掛けることもできます。

あとはイチゴの栽培に適しているなと思いました。

イチゴはプランターのふちからぶら下がるように実りますが、これが地面についちゃうんです。我が家のレイズドベッドは高さが35cmあるので地面につく心配もありません。

鈴なりのイチゴ。飛び出しているのはタマネギ?イチゴとタマネギが並ぶ無造作感も良い。

レイズドベッドを使い始めて悪かったこと

ないです!

あえて言うなら、レイズドベッドの幅が1m近くあるのですが、育てる作物によっては中央付近が手入れしにくいです。湿度もあがって病気が出やすくなる気もします。

今は1mくらいの幅のレイズドベッドを2つ並べていますが、もし作り直す機会があるならもう少し狭い幅のレイズドベッドを3つ並べるようにしたいなと思います。特に背が高くなる植物を育てるなら幅は60cmか70cmくらいに抑えた方が便利だと思います。

レイズドベッドでどんな作物を育てましたか?

タマネギ、ジャガイモ、レタス、ほうれん草、小松菜、白菜、イチゴなど

レイズドベッドを利用した感想や伝えたいこと

とにかく便利でオシャレ。

活用の仕方もまだまだあると思っているので、もっと利用する人が増えて情報発信が盛んになってくれると嬉しいです。

2つのレイズドベッドの間をアーチ状につないでツルが伸びる植物を植えても面白いなあと考えています。

一度作ると処分も大変なので、よく考えて作る必要があると思います。

でももし庭をオシャレに保ちつつ野菜を育てたいのであればレイズドベッドを絶対におすすめしたいです。

夏野菜が良い感じ!その手間には何が植えられるんでしょう?

あなたのレイズドベッドを紹介させてください!

レイズドベッドの使用シーンや活用例を多くの人に発信するために、あなたのレイズドベッドについてインタビューさせていただけませんか?

こちらの入力フォームより質問にご回答いただけますと、内容を確認のうえ当サイト上で紹介させていただきます。

Comments are closed