レイズドベッドとは、草花や野菜・果物を育てるための手法のひとつです。

プランターに植物を植える「プランター栽培」、地面に直接植物を植える「露地栽培」。この2つの良いとこ取りをした手法こそ「レイズドベッド」です。

一般家庭における家庭菜園に取り入れられることの多く、オシャレな見た目と高い実用性を兼ね備えています。

「レイズドベッド」という大袈裟な感じを受けるかもしれませんが、実は身近なところにもレイズドベッドは存在します。

更に、ガーデニングの一環で既に皆さんはレイズドベッドを作られたことがあるかもしれません。

レイズドベッドの構造

レイズドベッドには大きく分けて2つの形状が存在します。

1つは、レイズドベッド内の土が地面とつながっているレイズドベッドです。

レイズドベッドとしての効果が最も発揮される形状であり、当サイト内でレイズドベッドと記載がある場合には基本的にこちらを指しています。

もう1つは、レイズドベッド内の土と地面がわかれているレイズドベッドです。

こちらは単なるプランター栽培であり、プランター栽培との違いは長い脚がついており高さがある点です。

レイズドベッドには具体的な定義がなく、植物を栽培するうえで大きな違いのある上記2つの形状のいずれもレイズドベッドと呼ばれることがあります。

後者は「脚の生えたプランター」であることから、英語圏では「Raised Planter Box」や「Eleveted Planter Box」と呼ばれることもあります。

更に言えば、布製レイズドベッドなどでよく見られる底が仕切られたパターンもあるのですが割愛します。

さて、話を戻してもう一度レイズドベッドの図解を見てみましょう。

この構造、なんだか見覚えがありませんか?

そうです!

日本のお家でもよく見かける花壇と全く同じ作りではないでしょうか?

例えばお家の道路に面する場所にある花壇や、お庭の外側にある花壇などはこんな構造です。

こうした花壇は、底が仕切られているもの、底に砂利が敷かれているもの、土と直接つながっているものなど形状は一様ではありません。

また、ガーデニングの一環として小規模な花壇を作ることがあります。

レンガやブロックで庭の一部を仕切り、そこに土を入れます。こうした花壇は多くの場合、レンガやブロック1~2つ分の高さしかありませんが、立派な花壇の1つと言えるでしょう。

花壇はレイズドベッドの一種?

レイズドベッドは2つの英単語で構成されています。

レイズド(Raised)は「高く持ち上げられた」という意味です。

ベッド(Bed)は「土台」や「苗床」、つまり植物を植える場所を意味しています。

組み合わせることで、「高く持ち上げられた苗床」という意味になります。

非常に漠然とした単語であるため、レイズドベッドには明確な定義がなく、高さがあるプランターですらレイズドベッドと呼称されるに至っています。

しかし、レイズドベッドの本質は苗床を高く持ち上げることで、管理が容易になったり見た目が良くなったりすることではありません。

いわゆる高畝にあるような、高い排水性や土中の空気量の確保、あるいは硬く締まった地面の土壌改良を必要としない点こそがレイズドベッドの何よりの魅力です。

その点において、花壇はレイズドベッドであると言えます。

花壇はブロックやレンガなどを使って高さを確保し、中に新しい培土を敷き込みます。これはまさしくブロックやレンガを使用したレイズドベッドとそのものです。

厳密には異なる花壇とレイズドベッドの定義

花壇とは、造園技法のひとつです。

その特徴は土壌をレンガやブロックで囲んで仕切るという点です。

つまり、必ずしも高さを出す必要はなく、周りの地面と同じ高さであっても「花壇」と呼ぶことが出来ます。

一方でレイズドベッドの特徴は、”レイズド”という名前からもわかる通り高さを出すことが大前提となっています。

この点において、レイズドベッドと花壇は等しくないと言うことができます。

レイズドベッドを楽しもう!

花壇とレイズドベッドの違いを解説しました。

厳密には花壇とレイズドベッドは別物ですが、ほとんどのケースにおいて同じ物と言って差し支えないでしょう。

一般的にブロックやレンガを使って、壁に沿って作られているものは花壇と認識されがちです。

こうした定義の差など些細なことでしかありません。

レイズドベッドにはたくさんの魅力や利点が詰まっています。

レイズドベッドを活用して家庭菜園やガーデニングをもっともっと楽しみましょう!

レイズドベッドについて、更に詳しく知りたい方は以下のページで解説しています。

Comments are closed